社長あいさつ
当社番匠産業の発足は、太平洋戦争に従軍していた先代岡本宝が西脇市椿坂三差路
で通信兵での経験を活かしラジオの組み立てを始めたことにさかのぼります。
以降あらゆる製造にたずさわりますが結果塗装業が一番性に合ったのか2代目
岡本史朗に引き継ぐまで続けていました。
塗装業初期は塗装ラインでのノーリツ給湯器焼き付け塗装から始まります。
以後現在にいたるまで仕事にたいする心構え、取り組み姿勢など長きにわたる
経験を活かし一貫した強い姿勢をもって臨んでいます。
今後においてもあらゆる分野で特にインフラ整備など社会に貢献しながら
生き残っていければ幸いです。